2010年05月27日

連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日夕、社民党の福島瑞穂党首が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対していることについて「連立で頑張ってもらえるよう求めたい」と述べ、同党の説得に努める考えを強調した。那覇市内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
全面禁輸の北朝鮮にピアノ…鳥取の古物商(読売新聞)
橋下知事、市議補選圧勝で平松市長を遠隔批判(読売新聞)
「すき間ない救済目指す」 大阪にアスベスト研究拠点 (産経新聞)
<事業仕分け>厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言(毎日新聞)
posted by イチハシ マサハル at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。